鏡を見て、櫛で梳かしている男性
  • ホーム
  • AGAに特化した治療薬とはどんなもの?

AGAに特化した治療薬とはどんなもの?

鏡を見ながら髪を気にしている中年男性

AGAに特化しているのがフィナステリドという成分を配合しているプロペシアという内服薬です。
以前はAGAに対して効果的な対策がありませんでしたが、フィナステリドの有効性が確認されてから画期的な治療薬としてAGA対策に用いられています。
フィナステリドの効果で薄毛治療できるメカニズムは、還元酵素を抑制する働きがあるからです。
AGAは男性ホルモンと還元酵素が結びついてDHTと呼ばれる物質に変換されるのが根本的な原因です。
DHTは毛乳頭細胞に作用して毛髪を作る為に大切な細胞分裂を阻害しますので、その作用によって弱い毛髪しか育たなくなってしまいます。
また、毛髪は一定の毛周期によって成長や退行を繰り返していますが、DHTは成長のサイクルも短くしますので抜け毛も発生し易くなってしまうのです。
しかしながらフィナステリドを服用している場合はDHTが作られる原因のひとつになっている還元酵素を抑制することができますので、DHTを増加させないように対策することができます。
そして毛根が正常に活動するようになりますので発毛し易くさせることができるのです。
フィナステリドは以上のような作用を持つのが一番の特徴ですが、ただ誤解してはいけないのが発毛させる作用自体は持っていないことです。
DHTの発生を阻害して脱毛し難くさせることができるものの、それだけの効果しか持っていません。発毛を促進させる成分ではありませんので服用をすれば発毛するという訳でもないのです。
人によってはフィナステリドだけでも十分な効果が発揮されることもあるようですが、薄毛がかなり進行していたりする場合は発毛薬を併用して対策をするといった工夫をしなければ改善が難しいこともあります。また、フィナステリドの他にミノキシジルという成分も発毛に効果があると認められています。ロゲインという代表的な育毛剤があり、人気が非常に高い海外製の育毛剤です。頭頂部や後頭部に対しての薄毛に対してロゲインは髪の成長を助ける働きをします。

サイト内検索
人気記事一覧