鏡を見て、櫛で梳かしている男性
  • ホーム
  • AGAによるうなじへの影響と販売している薬の入手法

AGAによるうなじへの影響と販売している薬の入手法

AGAは主に、20代前半から30代前半あたりから徐々に髪の毛が薄くなっていく病気です。
男性型脱毛症ともいわれ、男性の薄毛はほぼこのAGAであるともいわれています。
薄毛が進行する特徴としては、頭頂部から徐々に薄くなっていくパターンと前頭部から徐々に薄くなっていくパターンのどちらかになることが多いという特徴があります。
逆に後頭部や側頭部、うなじあたりの髪の毛というのは、AGAへの影響をあまり受けることがありませんから、後頭部やうなじへの影響を心配している人は、安心しても大丈夫といえるでしょう。
しかし、頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなるということは、かなり薄毛が目立ってしまうので、気になる人は気になってしまいます。
そこで、最近ではAGAも薬を内服することにより改善するということがわかりましたから、もし薄毛が気になるのであれば、薬を内服してみるとよいかもしれません。
どこで、AGAの治療薬を入手することができるのかというと、医療機関で処方してもらうという方法が一般的となっています。
しかし、海外ではAGAの治療薬やそのジェネリック医薬品も販売されていますから、海外からAGA治療薬を取り寄せて内服することもできます。
海外で販売されている薬を自分で購入して治療を行うメリットとしては、何といっても費用が安く済むということがいえます。
もし、ジェネリック医薬品を購入する場合は、さらに安く購入することができるので、医療機関で処方してもらうよりも費用が半分近くまで抑えることも可能です。
ただし、海外から直接取り寄せるのは難しいですから、仲介業者を介して購入することになります。
また、海外からの発送となるので、自宅に届くまである程度時間がかかります。