鏡を見て、櫛で梳かしている男性
  • ホーム
  • 病院に行かずAGA治療なら注目はパルテノライド

病院に行かずAGA治療なら注目はパルテノライド

髪を見ている男性

AGAになって薄毛が進んできてしまったと感じると、発毛のために病院に通わなければならないと考えるのが常でしょう。
現在ではAGAに対して有効性の高い治療薬があるため、それを処方してもらって飲むことにより、だんだんと発毛を促進してAGAを改善していくことができるようになっています。
しかし、病院に行くというのもはばかられる気持ちを持つ人が多いものであり、恥ずかしさから諦めてしまう人もいるでしょう。
通販で薬を購入するということもできますが、そういった考え方をしたときにはAGAに有効であるとされる発毛成分を含む他の海外製品にも目を向けてみることが大切です。
その一つとして近年注目を浴びているものにパルテノライドがあります。
パルテノライドはハーブであるナツシロギクに含まれている成分の一つであり、育毛や発毛に大きな効果を表すものとして注目されています。
AGAにおいてはデヒドロテストステロンが過剰に生成してしまうことによってヘアサイクルが異常になってしまっていることが問題となっているとされています。
ジヒドロテストステロンが増えてしまう原因としてNF-κBが活性化されていることが原因の一つと考えられており、パルテノライドはNF-κBの抑制作用を持つということが明らかにされました。
マウスレベルでの発毛効果や抜け毛の防止効果は確かなものであり、人においても同様に効果があるものと期待されて、海外では注目を浴びて販売されるようになっています。
こういった製品を輸入して使用してみるというのもAGA治療における選択肢の一つです。
人によって効きやすさも異なることから、意外に既存の治療薬よりも効果が期待できる可能性もあるからです。